先日のエンドピンストッパー板の販売もそうですが、私は「当工房にて、楽器や弓を購入した方のみに販売します」と条件を付けることが多いです。レンタル品でも、「工房で楽器や弓を購入した方には・・」という条件を付けることも多いです。

 とくにネット検索で私のブログにヒットした方などには、これを「差別」とか「意地悪」とかに感じるかも多いことでしょう。

 その通りです。

 決して「意地悪」ではありませんが、私は、私を信頼してくださって、私の工房にて楽器や弓という大金を支払ってくださった方(信頼できないところに大金は払えません)に、大きな恩と、特別な意味での「差別」を設けています。

 すなわち、そのような方に、私のできる限りの時間を費やしたいからなのです。私の時間には限りが有ります。一方で、私が恩に感じているお客様には、可能な限りの時間を使いたいです。だから、そうで無い方をお断りしているだけなのです。

 もちろん、「楽器や弓を購入しない方は、修理調整をお断りします」と言っているのではありません。その点は勘違いしないでください。私の工房のお客様の、多くの方は、かなり以前に私の工房以外で楽器や弓を購入されてから、私の工房を訪ねてきてくださった方です。

関連記事: