3月から4月にかけて、母の病気とか葬儀とかでバタバタしていて、仕事も、最低限の毛替えとか弦の交換とか以外はお断りしていた状態でした。新規のお客様のご予約もお断りしていました(まともに返事のメールを返したのかさえも、覚えていないくらいです)。

 先日葬儀も終わり仕事を再開したのですが、弦楽器製作者協会の会計仕事をまるまるすっぽかしていた事を、催促のメールで初めて気づき驚きました。

 この一週間かかりっきりで弦楽器製作者協会の仕事をして(都合良く、修理調整の予約もほとんど入っていなかったので)、昨日の夜にようやく会費請求書を出し終えて一段落しました。夜中に郵便局(深夜営業している中央局)に切手を買いに行ったり、海外会員へのの発送手続きをしにいったりと、夜中に3度も郵便局を往復しました。

 今、ようやくホッとしているところです。

関連記事: