高級オーディオアンプの中には、針式のアナログメーターが付いている物も多いです(付いていない高級アンプもまた多いです)。

 さて、このメーターの有無、完全に好みの問題です。一つだけ言えるのは、オーディオ再生時にメーターの針を頼りにボリュームを調整している人は居ないと思います。そういった意味では、単なる飾りです。事実、ピュアオーディオを追求している人達の中には、「余計な回路が入るだけ音が悪くなる」という考えの人も多いです。

 さてこのように、メーターの有無は完全に趣味嗜好の問題とも言えるのですが、私は 有った方が良い派 です。その理由は、「自分が音を出しているという再確認」なのです。もっと極端に言えば、「自分がオーディオで聴いているという実感をもとめる、その対象」でもあるのです。

 これまで何度も書いていますように、人間は「ある現象」、例えば今回の話では「オーディオで再生した音質」の評価を、自分の行動というフィルタを通して、ある虚像として作り上げて、把握、理解します。

 アナログメーターは視覚的に大きな影響を与えてくれる、重要な要素を含んでいるのです。さらに、高品質なボリュームのしっくりした回し具合、これも重要です。ポータブルプレーヤーでは絶対に味あうことのできない要因なのです。そしてそれこそが魅力です。

関連記事: