先日故カントゥーシャ氏のご家族に無理を言って売ってもらったカントゥーシャ作のチェロですが、本日調整が完了して音が出たのですが、その音の素晴らしい事・・。発音の素晴らしさと、素直に出る音量感が全然違います。

 カントゥーシャ作のヴァイオリンやヴィオラの特徴の一つに、全音域に渡って、素直に発音する(特定部分の「詰まり」がほとんど無い)というのがあります。

 カントゥーシャ作のチェロにおいてもその特徴を引き継いでいて、通常気になるヴォルフ音の音域(2番線のfとかfisとか)も、素直に発音します(まったく詰まりが無いというわけではありませんが)。流石です!

 私もカントゥーシャ氏の工房では、チェロの製作をしていたこともありますし、完成した楽器を弾かせてもらったこともあります。しかし、自分の工房において、全て自分で仕入れて、再調整したのは初めての経験なので、その出た音に感動しました。

 

関連記事: