本日、コントラバス専用のエンドピンストッパー板”Zauberplatte”を注文してくださっていた、プロのコントラバス奏者が製品を取りにいらっしゃいました。

 私の頭の中でコントラバスの特性を考えた上での設計ではありますが、音を出すのは初めてだったので、その実際の効果と、お客様の評価がとても気になっていたのです。

 そして実際に幾つかの方法(他のエンドピンストッパーとかゴムキャップとか)で音を弾き比べしたところ、チェロの場合と同様に”Zauberplatte”は劇的な効果が出ましたのでホッとしました。正直言って、コントラバスにおいては、その効果はもう少し小さいのではないかと予想していたくらいだったのです。そのバス奏者もその違いに驚かれていました。

 いずれにせよ、ホッとしたと同時に、このエンドピンストッパーの凄さを我ながら感心しているところです。

 ところで、今回から採用した中央部の黒色の「エンドピン差し込み穴」部分ですが、調子が良いです。以前にチェロ用の”Zauberplatte”を購入された方、是非改造をした方が音質的にも良いと思いますので、お持ちください。もちろん無料で加工します。

 

追記:コントラバス用の”Zauberplatte”においての、1つだけ困った点もありました。それは、”Zauberplatte”を正しく使う上では、エンドピン先を、”Zauberplatte”の中央部の穴に乗せることが重要なのですが、チェロと違ってバスはエンドピン先が見えにくい(見えない?)ので、なかなかピンポイントで乗せることが出来ないことです。

関連記事: