佐々木ヴァイオリン製作工房

自己紹介 佐々木 朗

◎1963年、東京都八丈島生まれ。高校まで八丈島で育つ。
◎1982年、筑波大学の物理学科(自然学類)に入学。そのときに筑波大学管弦楽団に入団、ヴィオラを始める。オーケストラ活動に熱中したのがきっかけとなり、結局、この職業に就くことになる。
◎1987年、大学を中退して、日本のヴァイオリン製作の第一人者である無量塔藏六氏の「東京ヴァイオリン製作工房」に入学。跳び級で卒業後に、無量塔氏の助手を経て、1991年にドイツの世界的な製作者であるヨーゼフ・カントゥーシャ氏の工房にゲゼーレ(職人)として就職。
◎1995年、半年間に渡るマイスター試験に合格して、日本に帰国。東京都杉並区高円寺にて佐々木ヴァイオリン製作工房を開業。 現在、ドイツ・ヴァイオリン製作マイスター、日本弦楽器製作者協会理事。 著書に「弦楽器のしくみとメンテナンス 第1巻、第2巻(音楽之友社)」がある。自主制作の「弦楽器製作過程DVD / BD」も好評。

佐々木朗写真

 

弟子の 川口 誠

林美智子

 2015年から当工房に弟子入りした川口誠くんです。早稲田大学の教育学部数学科専攻なのですが、早稲オケでの演奏活動にのめり込んで、私同様この世界に入ることになりました。

 

家族紹介

妻の有紀子

 担当は会計・事務。佐々木ヴァイオリン製作工房の要です。元々の専門は日本史(江戸期の社会経済)ですが、現在はヴァイオリンの専門的な知識、会計なども勉強中です。 私との結婚後には、静岡県の公立高校教諭から、ミュンヒェンの日本語補習校へと仕事場を変えたのですが、日本にいてはなかなか見えない教育などを実感できたようで、短い時間でしたが貴重な経験となったようです。最近は非常勤講師として、都内の私立女子中・高校に勤めています。
  楽器は、筑波大学管弦楽団にて私と一緒にヴィオラを弾いていました(学部は違いますが同期生です)。その後、浜松交響楽団、そして現在は毎週土曜日に品川区民管弦楽団にお世話になっています。ママさんバレーも頑張っています。

佐々木家族写真

長女の楓

 1995年生まれ。ヴァイオリンにちなんで「楓」と名付けました。「佐々木ヴァイオリン製作工房」と同じ年に誕生し、この先、お互いにどのように成長していくのかが楽しみです。早いものでもう中学校も今年(2010年現在)で最後です。幼稚園から通っているピアノもサッカーも続けています。ちなみに中学校の部活では吹奏楽部でホルンを吹いています。

 

次女の檀

 1998年生まれ。この子もヴァイオリンにちなんで「檀」と名付けました。小さい小さいと思っていた檀も、もう中学生になりました(2010年現在)。幼稚園の頃から続けているヴァイオリンも頑張っています。年数だけは結構なベテランになりましたが上達のほどはどうなんでしょうか・・・。檀の演奏はビデオのコーナーに掲載していますので、よろしければ見てやってください。
 中学校では、これまで続けていたサッカーにかわって卓球を始めました。今は卓球に燃えているのです。

ホームページへ戻る