私はこれまでに多くのカントゥーシャ作の楽器を扱ってきましたが、博物館以外では見たこともなかった、カントゥーシャの最初期のヴァイオリンです。

 60年以上も経っていますが、まるで5年前に作られたかのような状態の良さです。もしも「カントゥーシャ博物館」があったとしたら主役の1本となるくらいの楽器です。

 販売価格はこれまでのカントゥーシャ作の楽器よりも高くなりますが、その意味はあるヴァイオリンです。試奏ご希望の方はご連絡ください。

 出来ることならプロの演奏家か音大生に使ってもらいたいところですが、もちろんアマチュア演奏家の方でも歓迎します。

関連記事: