1800年代末のドイツ製の良いヴァイオリンの在庫があります。

 音が良いのはもちろんですが、私が手間を掛けて全修理、調整(ネック角度、指板交換等々)を行いましたので、状態も良いです。

 ドイツ作という偏見さえ無い方でしたら、プロの奏者、音大生にもお勧めできる音です。

 楽器本体のみ(肩当ては別売)で税別298万円(税込み327.8万円)です。興味のあるかたはご予約の上試奏にいらしてください。

 この楽器だけの話ではありませんが、実際に体験してみる事が全ての始まりです。試奏は無料なのですから、そんな機会をみすみす見逃す手はありません。

 詳細は工房に試奏しにいらした方のみに説明いたします。メールや電話での問い合わせではおうけしませんのでご了承ください。

関連記事: