少し前に妻の所属する品川区民管弦楽団の演奏会を聴きに行きました。ラフマニノフ「交響的舞曲」の中でアルトサックスのソロ部分があるのですが、まあ、オケとサックスの音色の合わないこと。

 サクソフォンって、新しく開発された楽器なので、音量的、音色的に楽器としてとても優れているのです。ある意味、1本だけでソリスティックな表現が出来るとても特徴のある(完成された?)楽器です。

 だからオケの中に入ってしまうと、浮いてしまうのです。オケ贔屓の立場から言うと、そのくらい(サックの音がオケの音をぶち壊してしまうくらい)オケの音って繊細で、品があります。

 ブラスバンドの人から嫌われてしまいそうな発言ですが。

関連記事: