私の家の近くに通行量の多い一方通行の細い道路があるのです。そこは人も、自転車も多く通る道なのですが、そんな細い制限速度20km/hの道路なのに、凄い勢い(たぶん+40km/hくらい)で人の横を通り過ぎる車の多いこと。

 大きな車ほど、傲慢な感じです。歩行者の僅か数十センチ横を、かなりのスピードで走り去っていきます。後ろから走ってきても、エンジン音をウォーン、ウォーンとふかしながら(運転手はアクセルコントロールしているつもりでしょうが)走ってくるので大体のスピードもわかります。

 傲慢な走りをする車の車種は

1.トラック
 特に酒屋のトラックは最悪です。

2. ハイエース
 商用車、乗用車問わずハイエースに乗っている奴らに、まともなやつはいないと思えるほど、傲慢な走りをします。唯一、介護送迎用のハイエースだけはまともです。

3. 大型の高級外車
 昔からそういうものですが、大型の外車に乗っている人ほど、傲慢です。高級車に乗っていると、自分が偉いと勘違いしてしまうので、歩行者がゴミに思えるのでしょう。

4. タクシー
 プロとしての意識が低すぎます。トラック運転手にも言えることがですが、職業で運転しているからこそ、社会に迷惑をかけてはいけないのです。社会から反感をかっては、自分で自分の首を絞めることになるからです。

 逆に、小さな(歩行者との距離に余裕のある)軽自動車の方が、歩行者を気にして走ってくれるくらいです。

 車の運転手にとっては、「事故まで、何十センチの距離」かもしれませんが、歩行者にとっては「命まで、何十センチの距離」です。

 歩行者が、不意に脚がもつれて横にふらついたら、どう考えても対応できない距離とスピードです。私は歩いているときなど怖くてしかたがありません。

 まともな常識を持っているのでしたら、歩行者の気持ちを考えた走りをしましょう。ドイツでは、歩行者に対する運転意識はまるで違いますよ。

関連記事: