皆さんも、街中運転中にラジオを聴くことはよくあると思います。しかし、高速道路で長距離ドライブ中にラジオを聴こうとすると、意外と受信が不安定で聴きづらいのです。

 受信が不安定な理由として、高速道路の大部分が、街とはかけ離れた山間部を通っていること、そしてさらに放送エリアを短時間でまたいでしまうために、聴いていた周波数が変わってしまうとうことが理由です。

 すなわち、高速道ではラジオは意外と聞きにくいものなのです。

 ところが、インターネットradikoを使えば、ずっと安定した受信が可能になります。携帯電波は、山間部でもトンネル内でも、けっこう安定して飛んでいるからです。

 使い方は、スマホのradikoアプリでラジオを再生して、それをBluetoothで車のナビに飛ばして、カーオーディオで聴くという方法です。スマホでミュージックを再生して、それをカーオーディオでBluetooth受信している人は多いと思いますが、それと全く同じ事です。

 実際に試してみました。今回はradikoのリアルタイムではなく、タイムフリー番組を聴きながら走ってみました。その結果は、驚くほど快適でした。ほぼ全くと言ってよいくらい途切れることなく、ラジオを聴くことが出来ました。トンネル内でも雑音さえ聞こえませんでした。

 「車内でradikoを聴く」というのは、このようにとてもお勧めなのですが、唯一の欠点はスマホのデータ使用量がそこそこあるということです。どうやら1時間radikoを聞くと30MBくらいのデータを使うらしいです。従って長距離ドライブで頻繁にradikoを聴いていると、あっという間に数100MBもデータを消費してしまうのです。

 そこでお勧めなのが、「ロケットモバイル神プランSIM」です。このSIM、毎月298円の極安なのに、使いたい放題なのです(低速ではありますが)。私はこのロケットモバイルのSIMをモバイルルーターに入れて、データ使用量に心置きなくradikoを聴きました。私の車には付いていませんが、もしかしてトヨタT-Connect通信用としても問題なく使えるかもしれません。

関連記事: