私の工房のお客様なら皆ご存じと思いますが、私の調整ではMachOneの肩当てを薄く削って、滑り止めの軽いゴムパッドを貼るのが特徴です(脚も交換します)。それによって、音はかなり違ってくるのです。

 ただし良いことばかりではなく欠点もあります。薄く削ってしまうので肩当ての強度が落ちてしまって、取り扱い方が悪いと、肩当てや脚を壊してしまうのです。または、ゴムパッドも定期的に貼り替える作業が必要となります。

 ゴムパッド貼り替えの作業料金も、毛替え作業料金に近いくらいの金額がかかります。なかには、「こんな貼り替え作業、簡単だろう! ちょっとぼったくりすぎでは?」と思っていらっしゃる方もいるのではないかと思います(言われたことはありませんが)。

 ところが、この「貼り替え作業」ってとても難しいのです。それは、貼り替える作業ではなく、古いゴムパッドを剥がして、古くなった接着剤を綺麗に除去する作業が難しいのです。
 ただでさえ華奢な肩当て本体や、脚に力をかけてしまうと壊れてしまうので、それらに力をかけないように注意して作業したり、古くなった接着剤を溶剤とかを併用しながら、本体を傷めないように除去する作業が難しいのです。

 私は意味の無い作業料金は請求しません。

関連記事: