ELPのレーザーターンテーブルを試聴しました。レコードの溝にレーザー光を当てて、その反射をアナログのまま処理するという、理にかなっているのだか、かなっていないのだかよくわからない、知る人ぞ知る珍しい製品です。
 さてその音質はどうかというと、良いです。驚くほど良いとも言えませんが、音源の瑞々しさを感じます。その代償として、ノイズのパチパチも多く感じます。
 以前知人の本格的なアナログプレーヤーにて録音してもらったデジタルソースと、今回のELPの音を聴き比べたところ、パチパチノイズは圧倒的に通常のプレーヤーで再生する方が少ないです。さらに音質も、普通の人が聴いたら、両者に違いは感じないほどの差です。

 ELPの音質は、もっと淡泊であっさりした感じだと想像していたのですが、意外にも両者の音質は似ていました。レーザー式だから、溝への応答反応速度が速く、再生音の「音の切れ」も良いのかと思っていたら、既製のアナログプレーヤーの音と、それほど違いは感じられません。

 「パチパチノイズが出て」、「音質が劇的に良いというわけではなく」、そんなELPのレーザーターンテーブルに何のメリットがあるかというと、世界唯一の「レーザー式ターンテーブル」ってことです。

 最近何でもかんでも、ノイズまでデジタル処理で消し去ってしまう世の中において、ホコリのノイズをパチパチとバカ正直に再生してしまうプレーヤーって、なんだか新鮮なのです。もちろん、褒め言葉です。

 

後日追記:「ELPレーザーターンテーブルの試聴 その2」

関連記事: