昨年は喪中のためにはじめてお休みさせていただきましたが、今年は工房新聞(年賀)を出す事が出来ました。

 その返信で、たくさんのお客様から感謝のお言葉を頂きました。私のような一業者に対して、わざわざ一筆書いてくださって、私の方こそ感謝の気持ちで一杯です。

 こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

 なお、残念ながら「宛先不明」によってたくさんの工房新聞が戻ってきてしまいました。現在も定期的に工房に通われているお客様の分も、何通も含まれております。是非とも新住所をお知らせください。

関連記事: