ELPレーザーターンテーブルを中古で導入して、ある程度特徴が判ってきました。

 まず言えるのは、とても繊細だと言うことです。眼に見えないホコリでも、正確に(?)再生してしまいます。だから、バキュームクリーニングの有無によって、再生音は全く異なってきます。

 音質に関しては、非常に高度なアナログプレーヤー&カートリッジに一歩も引けをとりません。部分的には上回っていると思います。ただし、その逆も言えて、このレーザーターンテーブルの音が、高度なアナログプレーヤーの音を完全に上回っているとも思えません(後日追記:先の記述は一部訂正です。ELPレーザーターンテーブルを聴き込むに従って、これまでのアナログプレーヤーとは再生別次元の音を再生できるということが見えてきました)。

 このレーザーターンテーブルを導入するにあたって情報を集めたのですが、その中で「ボーカルの子音に違和感を感じる時がある」という感想がありました。確かに、そういう雰囲気(違和感)を感じたこともあります。ただ、それがホコリとかの悪影響による違和感なのか、その点に関しての判断はもう少し経験が必要です(ちなみにオーディオ回路は最新に有料アップグレードされたものです)。

 レーザーターンテーブルで良さを感じたのは、中~低音域です。とても安定した音を再生することが出来ます。通常のカートリッジの原理は、「針先の強制運動を、スタイラス根元のコイルに伝える仕組み」です。質量を持つ「針」では、原理的にどうしても質量による運動の遅れ、エネルギー損失や振動共鳴点が存在するはずなのです。レーザー式だとその点が有利で、それが澄んだ低~中音域の音をだしているのかもしれません。

 いずれにせよ、物珍しさだけでなく、かなり実用的な意味での「高音質レコードプレーヤー」だということが判ってきました。これでますます、もっとレコードが欲しくなってきました。

 正直なことを白状しますと、導入前には、「バキュームクリーナで盤面の掃除をしないとまともに再生できないようなプレーヤーって、そんな非実用的なものを使う理由はあるの?」って、ちょっと笑っていたのです。ところが、バキュームクリーニング前後での音の変化を知ってしまうと、小馬鹿にしていた自分の方が恥ずかしいです。

 

 このレーザーターンテーブルの最大の欠点は、アナログレコードプレーヤー最大の特徴でもある、「レコード盤が回転しているところを、眼で見ることが出来ない」と言うことです。これって、意外と重要なことで、エルプのレーザーターンテーブルでは、レコードをかけていることを忘れてしまいがちなのです。まるで高音質CDをかけている感じになってしまいます。もちろん、それ以前の盤面メンテナンスとかの操作があったり、ジャケットが手元にあったり、ノイズがでたりするので、レコードの意識はありはするのですが・・。

 「レコード盤が回転するのを眺めながら、独りだまってコーヒーを飲む」っていう、そちらの方が、より音の本質には近いと思います。

 

後日追記
 レコードを録音したくて1年前くらいに中古で購入して保管していたSONY PS-FL99を引っ張り出して、ELPレーザーターンテーブルと比較してみました。

・SONY PS-FL99 リニアトラッキング式&MMカートリッジの普及モデルクラスです。
・ELPレーザーターンテーブル Phono出力モデル(オーディオ回路はアップグレード済み)
・フォノイコライザー:Accuphase C-27
・試聴レコード:ビートルズ アピーロード(たまたまプレーヤーで聴いていたので、別に意図はありません)

 PS-FL99の音は、いかにもMMタイプのカートリッジの音で、良く言えば元気があり、悪くいえばドンシャリ音です。一方ELPのターンテーブルの音はとても繊細で情報量が豊かで、落ち着きがあります。ドラムのアタックのスピード感もあります。こうして実際に比較すると、ELPレーザーターンテーブルの実力、凄さを確認することが出来ます。
 もっとも、PS-FL99は高性能アナログプレーヤーではありませんから、比較するには酷というものかもしれません。

 下にmp3に変換した比較データをアップロードしておきました。上がELPで、下がPS-FL99の再生音です。パソコンで聴くと大した差に聞こえないかもしれませが、実際はかなりの音質差です。

関連記事: