楽器としてのヴァイオリンを3Dプリンタで作るというのは、音響面で今後、将来においても意味があることとは思えません。しかし、何らかの実験材料として、またはアクセサリーとしての3Dプリント出力は、興味のあるところです。

 このサイトで、ヴァイオリンの各部分が3Dデータとして公開されています。私もダウンロードしてみましたが、我々専門家が見る分にはお粗末な作りですが、無料データとしてなら、とても価値のあるデータです。

 これを出力して、貼り合わせて、ヴァイオリンを作って音を出すのではなく(例えば音が出ても、音が良いわけがないので)、模型として、またはアクセサリーとして活用するのがよいでしょう。

 

関連記事: