オイストラフによる珍しいレコードがたった1,000円代で売っていたので、3枚買ってしまいました。レコードは、よほどマニア収集盤でもなければ安いので、ついついあれもこれも欲しくなってしまいます。

 最初の2枚は10インチサイズ(通常のLPレコードより小さい直径)で、3枚目のシベリウスは通常サイズの盤です。最初のレコードはソ連製のショスタコーヴィチ作曲のヴァイオリン協奏曲で、2枚目のはバッハ作曲のドッペル協奏曲です。3枚目もソ連メロディアの高音質盤です。ソ連製とか、東ドイツ製のレコードって、国家の威信をかけて制作しているので素晴らしい録音が多いのです。

 ELPレーザーターンテーブルで再生すると、再生能力が素晴らしいので古い録音の雰囲気がとても伝わってくるのです。旧盤の高音質さには本当に驚きます。特にシベリウスのオイストラフの演奏、凄いですよ。おそらく1965年録音のものだと思います。指揮はロジェストヴェンスキーです。私の工房のお客様で興味がある方は聴きにいらしてください。

 

関連記事: