もう数10年も使っていなかった楽器を母校に寄付するという話だったので、私もかなりのボランティア価格で(それでも結構な修理料金にはなりましたが)作業したのです。中古部品を無料で提供したり。

 しかし、「やっぱり手元に残しておきたいと思います」だって・・・。

 もちろん、それはそれで悪いことではないのですが、それなら最初からそう言ってくださらないと・・。ただ、できれば演奏活動を再開して欲しいです。その方が楽器も喜びますし。

関連記事: