ラジオ番組のトーク内では当然として、オーディオ関連の雑誌などでも、「radikoは音が良い」って言っています。また一般ユーザーの評価も、「radikoは音が良い」って言っています。

 radikoの音質を否定的に言っている人って、意外なくらい少ないです。

 それはなぜか?

 ラジオ業界が積極的にradiko利用を勧めているからです。だから否定的な事は決して言わないのです。そして、その息が掛かった雑誌などでも、radikoを好意的に扱います。

 一般ユーザーの場合には、特にスマホに頼り切っている人にとっては、radikoはスマホでラジオが聴ける唯一の手法ですから、音が言い悪い以前に、好意的に受け止めることでしょう。

 すなわち、radikoに本当の意味での音質を求めている人なんていないのです。本当に良い音でFM番組を聴きたい人は、きちんとしたオーディオ専用のFMチューナーで聴いています。だからradikoとの音質比較なんて興味が無いのです。そしてわざわざ否定もしないのです。

 それでは私がなぜ、FMチューナーによるFM電波での音質と、インターネット経由のradikoの音質を比較したのかというと、単純に好奇心からです。

 私の結論としては、「radikoはとても便利だけれど、FM放送に限って言えば高音質ではない」というものです。AM放送では高音質です。

関連記事: