私は少し前に流行った太陽光発電システムには疑問を持っていました。それは、「国の電気買い取り優遇措置」を前提としたシステムだったからです。

 逆の事も言えて、「買い取り優遇」が無ければ、あまりメリットを感じないようなシステムだったのです。事実、電気買い取り価格は徐々に下がり、それに従って「太陽光発電」ブームも沈静化してしまっています。

 私が思うには、従来の太陽光発電システムは、一個人の家庭で導入するには複雑すぎたのです。なぜかというと、「完璧」なシステムを装備しすぎたからです。それは何かというと、

・売電できるくらいの大容量発電。
・売電したり、家事消費したりフレキシブルにできる複雑なシステム。
・売電するための、複雑な契約システム。

 すなわち、「大容量発電」&「売電システム」のために、装置が複雑化するのです。なぜかというと、各家庭で発電した電気を、電力会社の電気に逆流して混ぜるためには、「電気の品質」が重要になるのです。その品質確保のために、複雑なシステムも導入しなければならないのです。

 しかし、「売電」無しで、自家消費するという前提の場合には、ハードルは一気にさがります。そこを上手についたのがカナメ社の「マイクロソーラー」です。

 ちなみに、私がこのマイクロソーラーを導入したとか、カナメ社の事を知っているとかの情報は全くありませんので、その点はご了承ください。

 私は、このような「割り切った、コンパクト太陽光発電システム」こそが日本の住宅には必要だと前から考えていたのです。だから、「これだっ!」と思ったのです。

 詳しい配線図まではわかりませんが、ホームページの宣伝文句を見た限りでは、「太陽光パネルをそのまま分電盤につなげるだけ」との事。これで昼間の電気の消費の足しになれば、儲けものです。

 例えば、楽器保管のためにエアコンを付けっぱなしにしている場合になど、このような太陽光発電も活用できれば、罪悪感も少しは減ると思います(もしかしたらエアコン用の200V電気には活用できないかもしれません)。

関連記事: