私は昔からドラマとかはあまり好きではありませんでした。ただ、「技術もの」とかは好きだったのです。あまり深く考えたことがありませんでしたが。

 最近NHK朝ドラ「なつぞら」を観ていて自覚しました。

 私はBDレコーダーに録画して、それを再生して観ているのですが、「なつぞら」のアニメをかくシーン以外をすっ飛ばして観ているのです。今日はアニメのシーンがなかったので、20秒で見終わりました。

 人間ドラマとか、恋愛ドラマとかって、大嫌いです。だって所詮作り話だし、可哀想な話だったり。

 そういえば以前、女子高生の学園バンドアニメ「けいおん」を見ていたときも、楽器関連のシーン以外の女子高生の学園シーンは全てすっ飛ばして見ていました。

 下町ロケットとかは、ほとんど全部が技術関連の内容だったので、楽しみに見ていました。

 職業病なのか、それともドラマという複雑なストーリーを理解できない頭の足りなさなのか・・・。私は後者だと推測しています。なぜなら、私は子供の頃からボードゲームとかも嫌いなのです。

関連記事: