最近、ELPレーザーターンテーブルの音の素晴らしさを書いていますが、突き詰めた優れた性能の側面には、欠点も持ち合わせています。

 だから、私はその欠点部分もきちんと書かなければ、本当の意味での素晴らしさを表現できないのです。

 これまで何度か書いていることではありますが、ELPレーザーターンテーブルは万能ではありません。

 簡単に言ってしまうと、「盤」を選びます。相性があります。特に古いレコードだとか、旧ソ連のレコードにおいて顕著です。それらのレコード盤の溝規格がバラバラなので、レーザーの反射をうまく読み取れないのでしょう。

 また、同じアルバムのレコード盤であっても、個々の状態によって「相性」は全く違います。ある個体だと、ある箇所で必ず再生が不安定になって位相がおかしくなったり、酷い場合には音が二重に聞こえることもあります。しかし同年代の同じアルバムの別のレコードでは、正常に再生できるのです。

 このような症状の相性問題は古いレコードで見受けられます。おそらく以前の所有者のレコード針が溝に悪影響を及ぼしてしまっているのか、またはプレス自体の盤面の差なのかはわかりませんが、盤面の個体差で生じる相性問題なのです。

 ELPレーザーターンテーブルは、万能ではありません。しかし、それでもその音の素晴らしさは、これまでのレコードの音の価値観を変えてしまうほどなのです。

関連記事: