2019年現在における、私が自信を持ってお勧めできるノイズキャンセリングヘッドフォン(またはイヤフォン)を紹介します。

 ちなみに私が最重要視しているのは、「ノイズキャンセリング能力」です。もちろん、音質が良いに越したことはありませんが、「耳を守る」ことの方が音質よりもよほど重要です。

 なお紹介する順番は関係ありません。

SONY WH-1000XM3
 ヘッドフォンタイプです。歴代SONY製のノイズキャンセリングヘッドフォン(またはイヤフォン)の中で、始めて「まとも」と思ったノイズキャンセリング能力です。ワイヤレスのBluetooth接続タイプですが、BluetoothのコーディックがLDACで高音質なので、音もとても良いです。また装着の心地よさも良いです。

 

 

Bose QuietComfort 20 
 有線タイプのノイズキャンセリングイヤフォンです。軽くてコンパクトで、装着の具合も素晴らしいです。ノイズキャンセリング能力はさすがBOSEです。私は海外へいく航空機の中で使うことが多いです。イヤフォンタイプのメリットは椅子の背もたれに寄りかかりながら、頭を横に傾けることができることです。さらにこの機種の特徴は、音楽を掛けていなくてもノイズキャンセリング機能を付けっぱなしにできることです。飛行機の中で寝ているときに便利です。
 補足:以前ヤフオクでそっくりな偽物がたくさん売っていました(外観はそっくりですが、性能は酷いものでした)。新品なのに安いのは偽物の可能性が大です。気をつけてください。

 

 

Bose QuietComfort 30
  Bluetoothタイプのノイズキャンセリングイヤフォンです。装着の心地よさはQuietComfort 20譲りで、長時間装着していても疲れません。バッテリーの保ちも良いです。首に引っかける本体部分が、ちょっとだけ違和感を感じる程度です。お勧めです。最近は一番活用しています。

 

 

Bose QuietComfort 35 II
 ワイヤレスタイプのヘッドフォン型です。SONY WH-1000XM3と似た感じです。ノイズキャンセリング能力はさすがBOSEです。音質的にはSONYが上だと思います。私はこの前のモデルを持っていましたが、ノイズキャンセリング性能と装着心地はとても良かったです。ただ、SONY WH-1000XM3が発売になった以降は、ヘッドフォンのタイプお勧めはSONYの方かも。

 

補足:絶対にお勧めできないのはSONY WF-1000XM3

関連記事: