ELPレーザーターンテーブルの音と、通常のアナログレコードプレーヤー(MCカートリッジ)との比較の音をMP3圧縮ではありますが、アップロードしました。

ELPレーザーターンテーブル

 

通常のアナログレコードプレーヤー(MCカートリッジ)

 

 パソコンで聴いただけでも音の違いは明かです。ELPレーザーターンテーブルでの再生音の方が情報量豊かで、音の分離もあります。まるで通常のアナログレコードプレーヤーの音がモノラル録音に感じてしまうくらいです。さらに周波数特性もELPレーザーターンテーブルの方が優れていて、コントラバスの音が単なる低くて柔らかな音ではなくて、鋭さ(弦が指板と接する音とかの)も表現できています。

 私は今までレコードの音とは、上記「通常のアナログレコードプレーヤー」の再生音のような、すこし柔らかさがあるのがレコードの音だとばかり思い込んでいました。しかし、それはレコードの本当の音ではなかったのです。

 本当のレコードに刻まれている情報は、もっと生々しさがあるのです。これは他のレコードを再生しても、同じ感想をもちます。

 ちなみに、上記MCカートリッジは高価なハイエンド品ではありません。しかしきちんとした「アナログレコードプレーヤー」ですので、例えハイエンドプレーヤーと比較したとしても、傾向としては同じ結果が出ると思います。

 おそらく、質量を持った針の運動特性(慣性)の限界から、このような差が出来るのだと思います。もっと具体的に言えば、これまでのアナログレコードプレーヤーでは、質量をもった針が、その慣性のためにレコード溝に追従できずに、音が引きずられてしまってぼやけるのです。そのぼやけた音を「アナログらしい柔らかさ」と勘違いしていたのだと思います。

関連記事: