現在在庫があるカントゥーシャ作のヴァイオリンですが、今のところ残念ながらまだ試奏者はおりません(購入目的では無く、調整ついでにちょっと弾いてみたという方は何人かいらっしゃいます)。

 このカントゥーシャ作のヴァイオリンと、先日入手したFinkel作の金弓とのセット(もちろんMoennigの金弓でも同じく良いです)のコストパフォーマンスの高さと言ったら、驚かれるはずですよ。

 変な楽器店で仰々しく売っている、フニャフニャ竿のオールド(?)弓よりも安かったりするくらいですから。もちろん、安いと言っても何百万円の話ではありますが。

 良い楽器って、有るときには当たり前のように有りますが、いざ探そうとするとなかなか手に入れる事はできないものですよ。特にヴィオラとチェロはそうです。それでも「高いなあ」と思われている方は、私が以前に書いたこちらの記事も是非読んでください。

関連記事: