「お知らせ」のコーナーにも書いていますように、現在カントゥーシャ作のヴァイオリンの在庫があるのですが、増税前の試奏者が一人もおらず、ちょっと驚いているくらいです。

 楽器って、弦を張りっぱなしにしていないと、急な試奏者がいらしたときに音が安定しないのです。だから、このカントゥーシャ作のヴァイオリンも、いつ試奏希望者があらわれてもよいように、弦を張った状態にして置いたのです。

 しかし10月に入って、おそらく購入希望者は当分いないと思われますので、弦を緩めました。そこまで大げさな話ではないのですが。

関連記事: