先日、「ヴィオラの「音」の一例 ~サンプル音」という、同演奏曲によるヴィオラの音の比較音源をアップロードしました。

 アップロードしてから改めてその演奏者を眺めてみたら、当たり前ですが、私がCDとかレコードを買い求めていた時代の一流ヴィオラ奏者による録音のものがほとんどでした。

 すなわち、80年代とか、それ以前のヴィオラ演奏の録音がほとんどでした。

 そこで、もっと新しい録音のヴィオラ演奏も追加しようと、久しぶりに新しい録音のヴィオラのCDを購入しようと思って、探したのです。

 ところが、無いのです。若い演奏家達は、どうやらCDを録音してはいないみたいです。もちろん、「売れ線」の人気ヴァイオリン奏者によるCDならば、最近のCDもあります。しかし、ヴィオラは無い(以前に比べたら極端に少ない)のです。

 とても残念なことです。

関連記事: