先日、ヴィオラの音比較のためのサウンドをアップロードしました。このような比較って、有りそうで無いものなので、とても貴重で重要な事だと思ったからです(事実、私自身も一覧表にすることで、CDやレコード中の演奏家が何歳で録音したのかなど、ためになることも沢山得ました)。

 ところが、その行為と矛盾するような、「ヴィオラの音は再生するのがとても難しい」と言うことも知っていました。オーディオ装置でさえ再生するのが難しいヴィオラの音を、アップロードしてパソコンで再生して、まともに比較できるわけがないのです。

 それでは、なぜそんな無駄なことをしたのかというと、「何かをしなければ」と思ったからです。

 さて、話が戻りますが、アップロードして一覧表を作るまでに、私はパソコンでそれらの音源を何度も何度も試聴(作業)を繰り返すのです。

 そうしている内に、私の中で「このCDのヴィオラの音はこんな感じ」と持っていたイメージが、グチャグチャになってしまいました。そのくらい、パソコンで再生する音と、オーディオ装置で再生するのとでは、特にヴィオラの場合には音や雰囲気が違うのです。

 頭の中を再び整理するには、またちょっと時間が掛かるかもしれません。

関連記事: