先日購入が決まったカントゥーシャ作のヴァイオリンのお渡し前の手入れを行いました。毎回感心するのですが、カントゥーシャ作の楽器は素晴らしい音です。

 おそらくネット上で私のブログを読んでいる殆どの方は、自分の師匠の楽器に対しての単なる私の誇大宣伝と思われることでしょう。しかし、嘘でこんな事は書かないのです。おそらく、「皆さんの楽器の音の価値観を変えてしまうくらい?」と思われるほど、素晴らしい発音特性をしています。そして発音が良いからと言って、音も飽和しません。

 こんな素晴らしいが楽器があるのに、(購入検討者で)試奏しにいらした方は一人もいませんでした。なぜ、私を信用して試奏しにいらっしゃらないのか、不思議でなりません。もったいない。

 もちろん、今回購入を決定してくださった方は、音を出して直ぐに購入を決めてくださりました。私を信頼して、工房に試奏しに来てくださって感謝しております(もっとも、以前弓を購入してくださっていた方なので、初めていらしたわけではないのですが)。

関連記事: