現在在庫の、カントゥーシャ作のとても古い(60年以上前の作ですが、素晴らしい状態です)ヴァイオリンなのですが、私としては珍しく、オブリガート弦で仕上げました。

 私は普段、カントゥーシャ作のヴァイオリンは、好んでドミナントで調整します。カントゥーシャ作の楽器は素直な音が出るので、締まった音色(人によってはかたいと表現します)のドミナントが合っていると感じているからです。

 当初は、今回の楽器も同じようにドミナントで仕上げようと考えていたのですが、仕入れ時に既に張られていたオブリガートの音も悪くないと思ったので、試しにと、オブリガートで仕上げたのです。

 最近はドミナント弦よりもピラストロー社の弦を好まれる方も多いので、そういう方には今回の調整の方が好まれるかもしれません。

 まあ、ドミナントで良い音が出る楽器は、他の弦でも良い音がします。

関連記事: