最近私は、楽器の調整、メンテナンス、アドバイスの一環として、趣味としてではなくて、弦楽器技術者として真面目に「演奏者としてのオーディオ」というものも主張しています。
 音響的な意味での良い音を聴く努力は、楽器の演奏にも必ずプラスになるはずなのです。

 それでAccuphaseのアンプとかを勧めてはいるのですが、本格的なオーディオ装置を揃えたり、家の中でスピーカーで大きな音で音楽を聴ける人は、なかなかいないと思います。

 そこでもっと簡易的なオーディオ、すなわち「高音質ヘッドフォンによるオーディオ」というものも、勧めているのです。

 お勧めなのはSTAX社のヘッドフォンです。クラシック音楽にベストマッチの、まるでスピーカーで聴いているかのように自然な音が出るヘッドフォンです。

 私は「演奏者としてのオーディオ(ヘッドフォン版)」として、このSTAXのヘッドフォンを(も)勧めていました。つい先日にも、ある演奏者のお客様にSTAXを勧めたのです。

 しかし、私は実際にはSTAXのヘッドフォンを所有していません。それで会話の中で「STAXをお勧め」する度に、罪悪感というか、無責任さも感じていたのです。「技術者として責任ある立場の人間が、まるで趣味のような無責任な会話をして良いのか?」と。

 それで早速実際に確認するために、STAXのSR-L700というヘッドフォンと、それより下のグレードのSR-L500というグレードのヘッドフォンを買ってきました。ヘッドフォンアンプには、パソコンやウオークマン、またはスマホとダイレクトに繋ぐことが出来るSRM-D10というコンパクトタイプのヘッドフォンアンプを選びました。

 

比較
・使用プレーヤー:SONY NW-WM1Z(ウォークマン)
・ヘッドフォンアンプ:STAX SRM-D10(ウォークマンからUSBケーブルにてデジタル入力)
・基準ヘッドフォン:SONY MDR-Z1R(ウォークマンからバランス入力)
・STAX SR-L700
・STAX SR-L500
・SONY MDR-Z1000(モニターヘッドフォン)

感想
 高音質の「春の祭典」とか、コントラバスの曲とか、いくつかのクラシック音楽を、3つのヘッドフォンで聴き比べてみました。

SONY MDR-Z1R:
 さすがに音質だけで言えば、このヘッドフォンが断然良かったです。低音から高音まできちんと出ていて、しかしモニターヘッドフォンのようなキンキンした音もでません。品の良い音がします。ヘッドフォンのタイプとしても、筐体が大きくてオープンタイプ的な包み込むような柔らかさがあります。
 しかし、それでも頭を挟み込まれて、頭の中で音楽を「流されている」感があります。聴き疲れするのです。

STAX SR-L700:
 ヘッドフォン本体は見た目に反してとても軽く、まさにSTAXの音です。少し大げさな表現をするならば、まるでスピーカーで聴いているような自然さです。低音はMDR-Z1R程は出ませんが、それでも十分豊かな音がします。とても品の良い、ハイクオリティーな音です。
 音響的にはMDR-Z1Rに近い高品質で、しかし頭を覆ってしまうヘッドフォンとは異なって、とても聴きやすいのです。まるでリスニングルームを羽織ったかのような感覚です。

STAX SR-L500:
 こちらもなかなか素晴らしい音がします。しかしL700と比べてしまうと、音が軽いというか、明るいです。低音の出方もちょっと少ないです。艶がなくて、薄っぺらな感じがします。もっとも、比較しなければ判らないレベルの差です。

SONY MDR-Z1000:
 このヘッドフォンはモニターヘッドフォンです。音楽を長時間聴く目的のヘッドフォンではなくて、音を確認するタイプのヘッドフォンです。その音質は、低音から高音まで実に綺麗に出ます。音の解像感という意味では、このヘッドフォンの音が上記3機種よりも断然優れています。・・・しかし、このヘッドフォンでは音楽を長時間聴く気になれません。

 

 このように、STAXのヘッドフォンは。お勧めです。ウォークマンだけでなく、パソコンにも繋いで聴けるはずですよ。
 実際の音を聴いてみたい方は、工房にいらしたときにご要望ください。

追記:SRM-D10をパソコンと接続したら、パソコンの音を気軽にSTAXヘッドフォンで聴けます。このヘッドフォンは圧迫感もなく、音楽が頭の内部で鳴っている感が少ないので、聴き疲れしないのでお勧めです。

追記2:このように高性能ヘッドフォンを使って音楽を聴く事はとても重要です。しかし、逆の事も言えて、高性能ヘッドフォンほどに、音が良い故、違和感を感じてしまうという矛盾点もはらんでいます。そこが悩ましいところです。

追記3:SONY NW-WM1Zウォークマンと、STAX SRM-D10をUSBデジタル接続するときに、変換ケーブルが必要です。SONY純正の変換ケーブル「WMC-NWH10」は大きくて嵩張ってしまうのでお勧めしません。「FiiO l27 wmport to Micro USBデジタルオーディオケーブル 」というケーブルがお勧めです。

関連記事: