昨年に作りました「弦楽器製作工程DVD」ですが、コンスタントに購入希望者からメールが来ます。製作に興味がある人、楽器の構造に興味がある人、楽器の質に興味がある人..等々、購入目的は様々ですが、しかし製作自体(楽器の見えないところ)に興味を持っていただけることに、感謝しております。感激です。
 前にも書きましたが、このDVDの特徴はなんといっても「眠くなるような延々と続く作業の連続」というところにあります。通常の番組(映像作品)」とは違うところを狙いました。
 最近の若い人(若くなくても?)は手っ取り早く結果を求めたがります。しかし本質とはそんなところからは見えてきません。
 今作業している製作工程の次のシーンは…、先のシーンとほとんど同じシーン、そんな映像を作ったつもりです。そこに技術が見えるはずです。

関連記事: