カザルス演奏の無伴奏チェロ組曲を、ELPレーザーターンテーブルにて、オリジナルSPレコードを高音質再生した音は、CDで出回っている雰囲気とは違います。

 楽器の響きだとか、指の動きまで感じることが出来るのです。それも、自然で、流れるような、不思議な感覚です。

 以前私の工房にてカントゥーシャ作のチェロを購入してくださった方が、「自分の楽器の雰囲気と似ている」とおっしゃいました。

 確かに私も、(音色が同じという意味では無く)、自然な響きが共通していると感じました。まるで、楽器の方が自然に発音しているかのような、水が自然と流れるような感じなのです。

 本当に良い楽器というものは、そういうものです。自然なのです。良い演奏というものも、同じなのかもしれません。

 音が、柔らかいとか、堅いとかそういう意味ではありません。

 本当に良いチェロを探している方は、是非試奏しにいらしてください。

 

関連記事: