外で運動している人のほとんがマスクを装着しないで走っています。

 おそらく「マスクを装着したら息苦しい」からだと思います。しかし、逆の事も言えて、自分がマスクをしないほうが息が楽ということは、運動によってそれだけ息を吐き散らしているのです。そして、すれ違った人が、または風に乗って、その息を吸う人もいるわけです。歩きタバコの煙とか匂いとかを考えれば、想像が付くはずです。

 本人は自分の健康のことしか考えていないのかもしれませんが、人の事を考えましょうよ。

 さらにもう一つ、外でマスクを装着していない人が多いと、「自分も装着しなくて良い」というような心理も働きます。

 運動するとき、マスクを装着して息苦しいのは、それだけマスクの効果があると言うことです。ウイルス拡散を防いでいるということです。自分が感染者ではないという保証は、全くないのです。

 皆さん、社会的な行動を取りましょう。

 スポーツの時にマスクを装着して息苦しい人は、私が考案したようなグッズを活用するのも一つの手だと思いますよ。

関連記事: