私はモーツァルト作曲のヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲が好きです。レコードやCDもそこそこ所有しています。

 特にヴィオラの方に耳が傾いてしまいますが、実は2小節目の演奏を聴くと、そのヴィオラの特徴や、演奏者の技量(?)は何となく判ってしうような気がします(あくまでも”気がします”)。

 この実際に弾いた方は納得してもらえると思いますが、この2小節目って、簡単なようでいで、ヴィオラにおいては音をまとめるのがとても難しいです。音も出にくいのです。演奏者によっては、とても慎重に音を出しているのがわかります。その点、オイストラフは、軽々と弾きこなしています。

 さらに「難しさ」のもう一つの理由は、演奏の開始直後からヴァイオリンの演奏に乗る難しさです。この辺りも演奏の技術が出る部分です。

 もっとも、演奏のド素人の私の言う事なんて、聞き流してくださいね。ただ、ヴィオラの「音」に関しては、ヴィオラ演奏者本人よりも詳しいです。

関連記事: