以前にも紹介しました、小型レーザースポット溶接機”Dado”が時々活躍しています。

 例えば昨日には、チタン製のアジャスターの固定ネジ抜け落ち防止用に使いました。具体的に言うと、このチタン製のアジャスターはその構造状、使っている内に固定ネジが緩みやすいのです。だから、本当に小さなワンポイントのスポット溶接(ルーペーで見ないと判りにくいくらい)で固定しました。

 接着剤だと後日取れてしまったり、量が多すぎたり、質量増加に繋がってしまうのですが、スポット溶接だとコントロールがきくのです。

 こういう機材の導入(導入以前の研究の方が重要なのです)も、技術力の一部と言えます。

関連記事: