先日のブログにて「アマゾンで購入したシリコン製マスクインナー」の記事を書きました。

 その後も使ってみて、気になる点も感じてきました。ちなみに、比較対象は、私が自作したアクリル板製の軽量マスクインナーです。

 アマゾンで購入したシリコン製のマスクインナーは、通気性を良くするために穴を開けています。

 使っていて気になったこと。
・ほんの僅かですが、大きすぎる気がします(特に女性には?)。
・結構な数の穴を開けたのですが、それでも私の自作のインナーと比べると、息苦しさを感じます。
・顔に当たる部分が完全に密着しているので、顔への圧迫感や痛みは全くありませんが、顔への密着部分が汗っぽく感じてしまいます。
・穴を開けたとはいえ重いので、マスクの紐をきつめにしないと落ちてきやすいです。さらに顔と密着部分に汗をかいてしまうと、さらにずり落ちやすくなってしまいます。

 こんな感じで、基本的には悪くないのですが、「もう一歩」という感想になってしまいました。

 

補足:ちなみに私が自作したインナーと比べて良い点は
・アマゾンで誰でも安く買える。
・作りがシンプルなので、壊れない。
・洗いやすい。
・顔が痛くならない。顔に跡が付きにくい。

 

後日追記:通気性と軽量化、顔の蒸れ防止用の穴を開けていく内に、最終的にこのようになりました。ずいぶん良くなったと思います。

関連記事: