この写真はもう何年も前に調整できたヴァイオリンですが、全体に割れ修理箇所が多く見受けられる、古いヴァイオリンでした。

 音が出にくい楽器だったので、内視鏡で内部の状態を確認したところ、やはり内部は割れ修理のパッチ(補強材)だらけでした。古い楽器では良くあることです。

 正しく施されているパッチは、最低限の薄さになるように削り加工されているので、音への悪影響は最小で済みます。

 しかしこの写真のバスバー横に接着されたパッチは、明らかに貼ったそのままで、薄く削られていません。これでは重くなってしまい、音にも悪影響が出てしまいます。

 おそらく、f孔とバスバーとの間くらに割れができたので、分解しないで、f孔からパッチを差し込んで接着したのだと思います。何でもかんでも安易に分解修理すれば良いというわけではありませんが、内部を観察すると、その楽器のポテンシャルは見えてきます。

 私の様に内視鏡を所有して活用(修理においてだけでなく、所有者に説明するためにも)している技術者って、意外と少ないです。もちろん無くても、修理・調整は出来るのですが。

関連記事: