ELPレーザーターンテーブルを導入してから、レコードの音質の素晴らしさを再発見して、それに伴って巨匠達の凄さを初めて感じているのです(私は古くさいイメージしか持っていませんでした)。

 レコードも、最初は「想い出の数枚だけ」と自分に言い聞かせて買い始めたのです。今や、「あれもこれも」と、欲がつきません。

 さて、そんな私が最近購入したレコードの中から、「ヴァイオリンの一枚」を推薦するとしたら・・・。

 曲自体の好みは今回は別として、音質と、演奏の素晴らしさのみで推薦します。

 これです。

関連記事: