ずいぶん前から考えていた、楽器保管用の専用防湿庫が、ようやく一つだけ完成しました!

 一番苦労した楽器を吊す部分で、かなり手間がかかりました。都合の良い既製部品が無いので、3Dプリンタで作りました。楽器を引っかけて吊す針金部分も、単純なようでいて重要なノウハウがあります。楽器に可能な限り跡が付かないような形と太さと、頑丈さが必要なのです。

 収納楽器は、ぶつからないように注意深く詰めれば、写真のように3本吊すことが出来ました。ちなみにヴィオラは41cmサイズです(42cmサイズでも大丈夫です)。ヴァイオリンだけでしたら、下にカメラなどを置くことも出来ます。

 庫内に弓もかけておくことが出来ます(高さギリギリですが)。

 この防湿庫に吊しておけば、湿度、カビやホコリ、キクイムからの防虫、ニスのべたつき問題に関しては完璧だと思います。
 もちろん外部から差し込む紫外線による楽器への悪影響防止のためのスモークフィルムも貼っていますので、楽器のニスの退色に関しては問題ありません。これはとても重要な事です(以前にガラス扉ケースの中に楽器を飾って、ニスが片面だけ退色してしまった楽器を見たことがあります)。

 欲しい方(私の工房にてヴァイオリンかヴィオラを購入された方のみ)がいらっしゃいましたら、お売りしますのでご連絡ください。東京在住(または東京の近く)の方でしたら、私が車で運搬してもよいですよ。

 本体の外寸法は幅42cm x 奥行き38cm x 高さ87cmくらいです。

なお注文は9月末で締め切ります(製作の手間がかかるので・・・)。

注意!:この写真を見て、「自分でも製作できる」と真似をして、楽器にトラブルが生じても一切の責任は持ちませんので、ご了承ください。私が製作したものには、この写真では見えないような(写っていない)細かな技術、ノウハウも含まれています。特に、突っ張り棒を使って楽器を吊すことは絶対にお止めください。

 

追記:下の余った空間に、カメラだとかフィルムだとかを保管することができるので、とても重宝しますよ。私の場合にはニカワの保存にも活用しています。食糧品(特に海苔や鰹節)は絶対に入れないでください。

追記2:防湿庫をお勧めの方は、次のいずれかに当てはまっていれば、お勧めです。
・楽器を2本以上所有している。
・スペア楽器をケースに入れっぱなしにしている。
・基本的に自宅で練習している事が多い。
・部屋の湿度が高い。
・楽器のニスにケースの跡が付くのが気になる。
・現在、何らかの理由で長期間楽器を弾いていない。
・高価な楽器を所有している。
・高価なカメラやレンズなども所有している。
・大切なフィルムとか、大切なDVテープなどの保管が気になっている。

 この一つでも当てはまっている方は、防湿庫を導入しても損は無いと思いますよ

関連記事: