カントゥーシャ作の楽器等、良い楽器というのは弦の交換時に、弦を指で弾いただけで、良い楽器の素性を感じ取ることが出来ます。

 素直な発音と、音の余韻の響きの長さなのです。これはヴァイオリン~チェロにおいて全く共通しているのですが、チェロの方がより顕著です。

 響板が厚すぎる楽器は、音が響かずに詰まった感じになりますし、一方薄すぎる楽器だとか、作りの未熟な楽器の場合には変な共鳴点のために、弦を弾くと楽器の響板がバウンドする感じがするのです。

 実際にカントゥーシャ作のヴィオラの音を指で弾いた音声をアップロードしてみました。余韻が長く、癖がなくて素直でしょう? 指で弾いただけでもこの違いです。弓で弾いたら、音が違うのは瞬時に判ります。

 

 こんなに素直な良い響きのヴィオラやチェロって、有りそうでなかなか無いものですよ。

関連記事: