先日、パソコンにUSB接続のオーディオインターフェースを接続して、そこにアクティブスピーカーを繋ぐという方法を紹介しました。

 今回は、USBアンプと、通常のスピーカー(電源が付いていないタイプ)を接続する方法を紹介します。

 「TEAC USB DAC/ステレオプリメインアンプ AI-301DA-SP/B」です。実売価格3.5万円くらいでしょうか? オーディオインターフェースと違って、通常のオーディオアンプみたいな物ですから、こっちの方が直感的に扱いやすいかもしれません。

 パソコンを置いている机の上にこういう通好みのスピーカーを置いてみては? ちょっと高いですが。ちなみにもっと安いスピーカーだったらフォステクスのスピーカーもお勧めです。

 

補足:「アクティブスピーカー」と「通常のスピーカー」との違いは何か? というと、アンプ機能を持っているタイプ(音量調節ボリュームが付いている)か、持っていないタイプかという違いです。もっとわかりやすく言えば、100V電源に繋ぐタイプか、電源ケーブルが無いタイプかとも言えます。通常のオーディオ用スピーカーは後者です。
 例えば、上記のUSBアンプにつなげるスピーカーの場合、アンプ機能はAI-301DA-SP/Bが持っていますから、通常のスピーカーを選んでください。

 

関連記事: