私は一貫して、「弓竿の腰の強(剛性)さが重要」と主張しています。しかし、もう片方では、「弓竿の腰の強さが高ければ、高いほど良いという、単純なものではありません」とも説明しています。

 つい先日にも、ある演奏者の方と、「反りのタイプ」と「弓竿の腰の強さ」の関係について話をしました。

 というのは、その演奏家の方が以前使っていた弓はとても弓竿の腰の強さが強い弓なのに、その後私の工房から購入した弓の方が自然に音が出せるという感想を頂いたからなのです。もちろん、私のお売りした弓も弓竿の腰が強い弓なのですが、純粋に弓竿の腰の強さだけを測定したとしたら、以前使っていた弓の方が強いはずだからなのです。

 その差は、弓竿の腰の強さと、弓竿の反りのタイプとのバランスで生じたものなのです。すなわち、製作者の製作技術が理にかなっているのか、ピントが外れているのかとも言えます。

 ちなみにここで言っている弓竿の「反りのタイプ」とは、反りの大きさの事を指しているのではなくて、どのような太さの弓竿の弓の、どの部分で弓が反っているのか?という、とても専門的な話です。だからほとんどの演奏者の方で、それを理解している人はほとんどいないと思います。

 今回の演奏家の方も、ご自分が以前使っていた弓(弓竿の腰は強い弓です)の演奏の感覚は分かっていても、その感覚が生まれる物理的な仕組みは、判ってはいなかったようです。もちろん、それが普通なのです。プロの演奏家だから、何でも判っていると思っていたら大間違いなのです。

 何度も言っていることですが、演奏家とは演奏のプロであって、楽器の技術の専門家では無いからです。そのような専門教育は全く受けていないから、判るわけが無いのです。

 さて話を戻しまして、「弓竿の反りのタイプ」と「弓竿の腰の強さ」との関係の話ですが、この場で説明することはしません。複雑すぎて、簡単に説明できることでは無いからです。中途半端な説明をすると、知ったかぶりをする人が出てしまい、勘違いした弓を選んでしまう可能性が出てしまうからです。それならば、「弓竿の腰の強さが重要」という、ワンポイントだけを意識していた方がはるかに効果的だと思います。

 ちょっとだけ説明すると、弓竿の反りが弓の先側につけられている弓は、弓竿の腰が弱い(剛性の低い)弓において効果的です。フロッシュからのダウンボウの弾き始めにおいて、圧力が乗りにくい(弓竿の腰が弱い場合には、潰れにくい)のです。
 逆の事も言えて、せっかく弓竿の腰が強い弓なのに、弓竿の反りがピント外れの場合には、フロッシュからのダウンボウにおいて自然な圧力が生まれないため、弓のスピードを利用したアタックのかかった発音をしてしまうという弊害が生じてしまうのです。

 演奏の上手なプロだからと言って、自分の感覚や価値観だけでは良い弓だとか良い楽器を手に入れる事はできません。だから専門技術者に「紹介してもらう」事が重要なのです。

 これをいうと反感を買うのは承知で言いますが、演奏家は楽器や弓のことは判っていません(そういう教育を受けていません)。「演奏」の事と、「楽器や弓」の事は、全く別問題なのです。だから相談するのは、きちんとした技術のある楽器店や、工房にて相談して、紹介して購入する事をお勧めします。そして、その楽器店で、引き続きメンテナンスを続けてください。

 

関連記事: