マルチカメラ編集とか、映像どうしのクロスディゾルブ連結とか、または色調整とか、音の細かな調整を行いたい場合には、例えばVegas Pro等の本格的な動画編集ソフトが必須です。

 しかし、例えば弦楽器演奏関係者の場合、下記の様な用途も多いのではないかと思います。

・発表会を4Kカメラ1台のみで連続撮影(固定撮影するか、画角を動かしながら撮影するかはどちらでも可)。
・簡単なカット編集のみ。
・演奏曲のテロップは入れたい。
・チャプターはもちろんあり。
・同内容で、BD版と4K UHD-BD版を制作。

 このような条件でしたら、Vegas Proのような本格的なビデオ編集ソフトを使わないで、いきなり”TMPGEnc Video Mastering Works7″ と、”DVDFab12のUHD作成”だけでも最低限のビデオディスク製作ができます。

 大ざっぱに説明するならば、TMPGEnc Video Mastering Works7にて、カット編集&テロップ入れ&キーフレーム打ちを行って、4Kのキーフレーム内蔵のMKVファイルを書き出すのです。

 その4K MKVファイルをDVDFab12のUHD作成ソフトで読み込んで、BD用のISOファイルと、UHD-BD用のISOファイルを書き出せば良いのです。

関連記事: