帰国後に開業以来、「実際に見て、確認して性能の良い物だけを仕入れる」という事を私の仕入れの基本としていました。

 しかしコロナ騒ぎになってから、ヨーロッパに仕入れに行くことは不可能になりました。

 もっとも、コロナ禍、弓を購入するお客様も激減したので、良いことだか悪いことだかわかり判りませんが、在庫の弓で十分数は足りていたのです。しかし、さすがに、今後の事を考えるとヴァイオリンの弓の在庫はちょっと寂しくなってしまっていました。

 もちろん国内の業者経由の弓も、良い物が有れば仕入れるのですが、なかなかそう都合の良い性能の物はありません。さらにコロナ禍、業者側の在庫も同じく厳しくなっているのです。

 そこで、いつも私が仕入れているドイツの弓製作者にメールで注文しました。条件を伝え、「私がいつも仕入れているレベルの弓竿の腰の強い弓を希望します」という事で注文しました。

 だからいつもの仕入れのような「性能の確信」は無いのですが、今回ばかりは仕方有りません。しかし私は、その製作者との25年の技術的信頼関係を信じているので、今回の弓の性能も期待しています。

 ヴィオラとチェロ弓の在庫はまだあるので、ヴァイオリン弓だけ7本注文しました。おそらく20日後くらいには到着すると思います。到着しましたらまたお知らせいたします。

関連記事: