現在カントゥーシャ作のヴァイオリンが手元にあるのですが、正直言って、カントゥーシャ作に限らず、「ヴァイオリン」は絶対数が多いために、予算(と若干の時間)さえ余裕をもって確保できていれば、良い楽器(もちろん私の納得できる品質の)は入手可能です。

 しかし、ヴィオラとチェロはそうはいきません。

 少し前に売れてしまったカントゥーシャ作のチェロなどは、私の出会ったチェロの中でも最高レベルの作りと音でした。購入された方はラッキーです。

関連記事: