以前は、古いエレキギターとかはよほど付加価値が付いている(例えば有名演奏者が所有していたとか)物でもなければ、ヴァイオリンと比べたら安い価格でした。

 ところが最近は、古い楽器は「ヴィンテージ楽器」とか言われて、けっこうな値段になっているのです。数千万円の楽器も珍しくはありません。

 しかしその「ヴィンテージ」の年代って1960年代とかなのです。

 弦楽器で1960年代とかなんて、まだまだ新しい部類だったりします。

関連記事: