例年通り、弓を仕入れに行ってきました。今回は事前に「高いクラスの弓(金弓)を用意しておいてくれ」と頼んでおいたので、むこうも気合いを入れて作ってくれました(毎回そうですが)。古くて堅い材料を選んで作ってくれるのです。私のためにどれだけ気合いを入れた材料で作ってくれているかは、弓を見ればすぐにわかります。それは信頼関係から生まれるのです。
弓仕入れ081

 今回は私は予算的にかなり無理をして、良い品質の弓(これまで私の工房で仕入れてきた品質と同じ品質)を確保したつもりです。
 もうすでに発送の準備をしているはずですから、早ければ3月の半ばには到着するかもしれません。試奏ご希望の方は、是非いらしてください。価格は、これまでの価格より高くなってしまうことは、どうかご理解ください。
弓仕入れ082

関連記事: