私はこれまで何度か「白ロムのスマホ+MVNO SIM(例 IIJmio SIMとか)が良いですよ」って書いてきました。月950円(場合によってはそれ以下)の維持費で、通話以外のほとんどの事はできるのです。

 従って、基本的には携帯(またはPHS)との2台持ち運用となるのですが、Fusionの「IP-Phone SMART」によって、音声通話も可能になります。

 このIP-Phone SMARTはIP電話(インターネット通信を利用した電話)で、登録することによって050-***という固有の電話番号をもらえます。そして、もちろん電話をかけることも受けることもできます。

 専用の通話ソフトを常時起動しておかなければなりませんが、私の経験ではスマホのバッテリーの減りにほとんど影響はありません。

・登録にはクレジットカードが必要。
・使わなければお金(基本料金)はかからない。
・受信にお金はかからない(電話をかけるときにはお金がかかるが、料金は高くない)。
・IP-Phone SMART同士の通話は無料。
・海外からも、日本へ「国内料金」で通話可能。
・携帯(PHS)との2台持ち運用でも、緊急時に役に立つかも(通信手段を複数確保しておくのは良いことです)。
・複数端末にインストールした場合、最後に触った端末で利用可能になります。
・通話品質は、ちょっと遅れがあるけれど、まあ「割り切って使えば可能」ってところ。

 MVNO SIMで運用している方は、登録して電話番号をもらっておいても損はないと思いますよ。
 それでは携帯(PHS)の契約を止めることができるか?というと、安定性や信頼性の意味から、仕事では無理だと思います。家族(お友達)との連絡用だったら、携帯を解約してこれ(IP-Phone SMART)だけで音声通話をこなすというのも、不可能ではないと思います。

関連記事: