我が家では工房、地下の木材保管倉庫、住居部屋の3カ所で除湿器を使っています。特に、木材を保管している地下倉庫の除湿は重要です。ちょっとでもサボると、知らないうちに木材がカビだらけになってしまうからです。

 3台の除湿器も購入してから10年以上経ち、さすがにガタがきています。内一台は、動作中に異常停止するようになってしまったのです。そこで昨年辺りから除湿器を買い替えることを検討していましたが、最近はコンプレッサータイプの除湿器がほとんどなく、躊躇していたのです。
 ちなみに、コンプレッサータイプの除湿器は梅雨時~夏場の運用において、効率よく動作させることができます(電気代があまりかからない)。一方、冬場の運用には適しません。

 さて、「ハイパワー&コンプレッサータイプ」の除湿器を探してみたら三菱のMJ-180JXが良さそうです。同社の昨年のモデルにMJ-18HGXという機種もありますが、なんだか中身は同じ??? しかも、新型の方が値段が安いので好都合です。

 

K0000489096

 

 

 

 

 地下倉庫で使ってみた感想は、なかなか調子が良いです。というのは、これまで使っていた除湿器(日立と三菱の古い機種)は自動、連続とかはあるのですが、湿度設定がなかったのです。自動にすると、 かなり高めの湿度で「適湿度」となって停止してしまうし、ずっと連続にしておくのも無駄です。だから頻繁に除湿器のスイッチを入れたり(オフは切りタイマー)していたのです。

 ところが今回の除湿器には50~65%までの湿度が5%刻みで設定できます。そして、結構正確に部屋の湿度を一定に保ってくれるのです。これはとても便利です。動作音も、新しいから(?)静かです。エネルギー効率も良いのか(新しいから?)、廃熱も少ない気がします。

 こんなに調子が良いのだったら、工房の除湿器も交換しようかな。

関連記事: